RSS | ATOM | SEARCH
阪神淡路大震災から24年

阪神淡路大震災から今日でで24年を迎えた。その日から3〜4日後だったと思うが、当時サラリーマンだった私は明石市の取引先の安否を確認するために公衆電話があるところまで行ってダイヤルを回した。

阪神淡路大震災が起きたのは平成7年。あれから24年、今年は新元号になることもあってか、今日の報道では震災の風化を懸念する声が多かった。その後、新潟県中越地震や東日本大震災、熊本地震など災害は必ずやってきている。これらの災害を風化させることなく、その教訓を生かし後世に伝えていかなければならないと思う。

ちなみに24年前、電話した取引先は多少の被害はあったものの無事で、今日に至るも操業を続けている。

author:辻ひとし, category:国内ニュース, 15:02
-, -
当面する諸課題

午後2時から自治労福井県本部執行委員会。夜は三国町体育協会役員会。内容は全く異なるが、どちらも当面する諸課題が多い。

author:辻ひとし, category:活動報告, 23:16
-, -
一日議会塾

午前10時半から議会運営委員会、その後定例協議会と続いた。今後の日程などについて協議を行うとともに、産業観光部から坂井市の観光ビジョン戦略基本計画と水産振興基本計画の策定について概要の説明を受けた。

 

午後2時から三国高校一日議会塾。市議会議員全員が三国高校に出向き、教室で生徒さんとひざを突き合わせて話をする企画で、私は三国の漁業をテーマにした班に振り分けられ、漁業の担い手不足や今後の振興策などについて意見交換を行った。

どの生徒さんも漁業に関する危機感を共有しているようで、四季を通して安くて美味しい魚を供給できる体制を構築してほしいという意見などをいただいた。早速3月定例会での議論に反映させたいと思う。

 

夜、三国町三の部地区の区長会。以前からお伺いしている地区の課題について中間報告をさせていただいた。

author:辻ひとし, category:活動報告, 23:22
-, -
暖冬傾向

龍翔館方向.gif国見岳・火力発電所方向.gif

 

朝から夕方まで青空が見えるという北陸の冬とは思えない天候だった。今日は年始回りの間を縫って久しぶりに三国運動公園でウォーキング。公園内ではマレットゴルフを楽しむ人や家族連れが遊具で遊ぶ姿が多く見られた。

こんな日ばかりであってほしいとまでは言わないので、とにかく昨年みたいな大雪にはならないでほしいと思う。

author:辻ひとし, category:活動報告, 20:11
-, -
祝!成人

会場.gif新成人謝辞.gif

 

午後1時半からハートピア春江で開催された坂井市成人式に出席する。合併して4町合同で成人式を行い始めた頃は新成人が大ホールに入りきらず、隣接する小ホールでモニターを見ながらの参加になった人もいたとのことだが、今は大ホールだけで十分対応できるようで、少子化の現実を突きつけられる感じだ。いかに彼らに将来にわたって市内を生活圏にしてもらうか、これまで以上に県との連携を深め最優先課題として捉えていかなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:式典, 15:28
-, -
嶺北消防組合出初式

分列行進.gif演技披露(越前三國鳶隊).gif

 

午前9時半から嶺北消防組合出初式。表彰伝達などの屋内式典を三国体育館で行ったあと、会場を三国支所北側駐車場に移して分列行進、越前三国鳶隊による演技披露、一斉放水を行った。

日頃は消防団として地域の防火・防災活動を担っている鳶隊の皆さんだが、演技をとおして消防団の団結力・基礎力を身につけるとともに消防広報を実施している。昨年は大雪の影響で中止となった出初式だが、今年はうららかな天候に恵まれて久しぶりに鳶隊の勇猛果敢な演技を拝見することができた。皆さん、早朝より本当にお疲れ様でした。

author:辻ひとし, category:式典, 16:43
-, -
暖冬

午前午後と福井市内で用務をこなす。この時期に積雪がないのは本当にありがたい。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 18:39
-, -
平成31年ふくしのつどい

スローガン唱和.gif千崎早苗実行委員長の挨拶.gif

 

午後2時からみくに未来ホールで開催された平成31年ふくしのつどいに出席する。昨年から会場をみくに未来ホールに移して開催している。スローガンの唱和では、第2次坂井市地域福祉活動計画(第2次かたいけのプラン)策定の際に三国の住民計画に掲げた「やさしさと あたたかさで みんなが安心して住める街 みくに」を会場の全員で声高らかに唱和した。

三国町で福祉活動やボランティア活動に係る方々が多く参加する中、横のつながりを再認識するイベントだったと思う。

author:辻ひとし, category:イベント, 23:04
-, -
終活年賀状

 

今年はいわゆる「終活年賀状」を何通かいただいた。新年のあいさつに続いてこれまでの感謝の気持ちを記し、その後に年賀状の終了宣言が書かれており、高齢や健康などを理由に挙げている。

何も言わずに年賀状をやめるのではなく、気配りをしてくださっているのだと思う。確かにさみしいが、考え方は人それぞれだ。

author:辻ひとし, category:新年, 11:52
-, -
会社訪問

 

地区の初集会回りがひと段落したこともあって、今日は普段からお世話になっている企業や団体を中心に挨拶回りを行った。

時折り冷たい雨が降る一日だったが、雪が降り続くわけではないので車を利用しての活動に支障はなかった。

author:辻ひとし, category:新年, 20:33
-, -