RSS | ATOM | SEARCH
GW最終日

犬山城.gif千代保稲荷神社.gif

 

10連休最終日の今日は犬山城(愛知県犬山市)を見学する。

犬山城は天文6年(1537年)の築城と伝えられ、最近まで個人所有の城として知られてきた。高さ19m3重(内部4階)の望楼型で、石垣は自然石をほとんど加工しないで積み上げた野積みという工法で造られている。

お城に入場してから退場するまで、ひっきりなしに観光客が訪れていた。「国宝」という冠があるとかくも多くの人が訪れるのかと思う。天守4階の廻縁からは悠々と流れる木曽川や城下町犬山の素晴らしいパノラマ風景を堪能することができる。しかし、それは丸岡城も同じこと。犬山城が国宝なら丸岡城も国宝の価値が十分にあることを改めて感じた。

 

帰路時間があったので岐阜県海津市にある千代保稲荷神社を訪れる。ここに来るのは3回目だが、藁に通された三角の油揚げを稲荷神の御使いである狐に奉納する独特の参拝や、昭和レトロの雰囲気満点の参道の商店街に立ち食い串カツに川魚料理など楽しみ満載のスポットだと思う。

帰りの道中は激しい雨にあったが、三国に着く頃には上がっていた。

author:辻ひとし, category:日記, 22:57
-, -
こどもの日の一日

国見岳方向.gif火力発電所方向.gif

 

午前中は自宅でまったりと。午後、洗車(明日は雨なのに)をした後ポイント3倍のアオキでトイレットペーパーや練り歯磨きなど日用雑貨の買い出し。さらにスーパーで夕飯の買い物をする。

夕方、三国運動公園でウォーキング。帰宅後に2階のベランダに出てみるとまだ太陽が海に落ちていなかった。いつの間にか日が長くなったものだ。

author:辻ひとし, category:日記, 19:16
-, -
ウォーキング

夕方、久しぶりに三国運動公園でウォーキング。気温も20℃前後で心地よいということもあって、仕事帰りの人が散策を楽しんいる姿が目立った。

author:辻ひとし, category:日記, 20:33
-, -
連休最終日

 

福井県に住んでいながら初めて平泉寺を訪れる。話に聞いていた通り悠久の時を感じさせてくれるパワースポットだ。ボランティアガイドさんの説明も分かりやすく、この地の歴史についても詳しく知ることができた。

 

 

せっかくなので近くの恐竜博物館にも立ち寄った。連休最終日の夕方ということもあってか駐車場も館内も随分と空いていた。以前来た時に比べ一つひとつの展示が充実しており、私みたいに恐竜に興味のない人間でも時間を忘れて楽しめるところだと思う。

author:辻ひとし, category:日記, 19:28
-, -
大阪市内

空中庭園から梅田方向を臨む.gif道頓堀川.gif

 

昨日は披露宴の後に大阪在住のかたつむり会の会員も合流してマラソン仲間で2次会に繰り出し、そのまま市内のホテルに宿泊した。今日はせっかくなので市内観光として空中庭園や法善寺、道頓堀などを訪れた。相変わらずどこもかしこもインバウンドの観光客でいっぱいだ。これらのお客さんにいかに北陸までお越しいただくか、アクセス整備はもちろん、PR活動にも工夫を凝らしていかなければならないと考える。

author:辻ひとし, category:日記, 19:52
-, -
結婚式

ケーキカット.gif新郎新婦と記念撮影.gif

 

平成かたつむり会のメンバー4人で大阪のリーガロイヤルホテルへ。かつてのマラソン仲間の結婚式に招かれ出席する。久しぶりにお会いする友人もいて、皆さんお変わりないようで何よりだ。新郎新婦の末永いお幸せとご両家のご繁栄をご祈念申し上げます。

author:辻ひとし, category:日記, 22:41
-, -
雨の東京

早朝のレッドアロー号で都内へ。夏休み中ということもあり、通勤客に混ざって荷物を抱えた家族連れが乗っている。お父さんは大変そうだが、昔は自分もあんな感じだったんだなあと思う。

 

歌舞伎座(外観).gif歌舞伎座(内観).gif

 

午後から東銀座で観劇。チケットが高いので頻繁に来れるものではないが、海老蔵の連獅子は圧巻だったし、中車もよかった。

 

幕張(2).gif幕張(1).gif

 

夜は海浜幕張駅の近くに宿をとる。ここは昭和末期から平成初期に住んでいた町だ。川越と同様に昔ののんびりとした面影はなく、今はすっかりビジネス街になっていた。当時は会社から帰った後に街灯もない真っ暗な埋め立て地の中をジョギングしていたが、今は夜景が美しい街に変わっていた。

author:辻ひとし, category:日記, 22:03
-, -
小江戸 川越

本川越駅.gif本川越駅前.gif

 

私用で川越市へ。本川越駅構内のホテルに宿をとる。川越は学生時代の4年間を過ごした思い出深いまちだが、本川越駅に40年前の面影はなかった。

夜、駅前広場のようなところを散策していると小浜市の方角を記した看板がり、小浜までの距離まで記載してあった。川越市と小浜市は江戸時代からのご縁で姉妹都市関係にあるらしい。そういえば坂井市も江戸時代からのご縁で延岡市と姉妹都市提携を結んでいる。

author:辻ひとし, category:日記, 22:39
-, -