RSS | ATOM | SEARCH
夏の夜明け

 

夏の夜明けは早い。4時過ぎに目を覚ますともう東の空が明るくなっている。

6時半のラジオ体操が始まってもまだ真っ暗な冬至の頃と比べたらとてもポジティブな気分になる。

夏は抒情的になりにくい季節だが、それでも昔の人は上手く詠んでいる。

 

夏の夜は まだ宵(よひ)ながら 明けぬるを
雲のいづこに 月宿(やど)るらむ

清原深養父(百人一首36番)『古今集』

 

【訳】夏の夜は(とても短いので)まだ宵の時分だなあと思っていたら、もう明けてしまった。月も(西の山かげに隠れる暇もなくて)いったい雲のどこのあたりに宿をとっているのだろうか。

 

作者の清原深養父(きよはらのふかやぶ)さんは、あの清少納言の曽祖父にあたる方だとか。さすが文学者の家系だ。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 11:48
-, -
プロ野球後半戦

 

久しぶりにスポーツ記事をチェックしていたら、いつの間にやら巨人とソフトバンクが独走していた。

埼玉に住んでいた時はライオンズを、千葉にいたときはマリーンズを応援していたが、今は特にひいきの球団がないのでプロ野球のニュースを見ることは少ない。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 20:59
-, -
海の日

 

海の日が制定されたのは平成7年だが、祝日化される前の海の記念日の制定年から数えると80年近い歴史があるようだ。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 22:05
-, -
雨の日

 

雨の一日。日中、用務のため福井市内に行ったが途中から本降りになり、車から乗り降りする際に頭上から容赦なく大粒の水滴が降り注いできた。夕方のウオーキングもできず知人宅のお通夜に参列した以外は外出もせず、普段なら市役所に出向いて行うような用務も電話で済ませてしまった。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 20:57
-, -
買い物

夕方、あわら市内で買い物。本来なら買い物は地元の三国エリアで行いたいところだが、三国町内で手に入らない商品もあり、隣町まで出かけることもしばしばだ。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 20:09
-, -
風薫る

風薫る五月というが、今年の5月は青葉若葉を吹きわたる爽やかな初夏の風ではなく、すでに真夏の熱風という感じだった。今後これから来る本当の暑さとともに大雨にも警戒しなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 23:44
-, -
今日も福井は真夏日

国見岳方向.gif火力発電所方向.gif

 

晴れているにもかかわらず、遠くに見える国見岳がかすんでいる。黄砂なのかPM2.5なのか。いずれにせよ暑さ対策も含めて要警戒である。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 12:39
-, -
5月なのに真夏日

5月だというのに全国的に真夏日になった。北海道では軒並み猛暑日になっている。三国は観測点では30℃未満になっているものの、室内では30℃を超えていた。

それにしてもこの暑さはなんだろう。

author:辻ひとし, category:日々雑感, 20:23
-, -