RSS | ATOM | SEARCH
地域医療政策セミナー

 

午後1時から千代田区の都市センターホテルで開催された全国自治体病院経営都市議会協議会主催の第14回地域医療政策政策セミナーに参加する。

 

セミナーは2部構成で、第1部は『崖っぷち自治体病院〜北の大地で経営改革を目指して〜』という表題で、北海道士別市の士別市病院事業管理者で院長の長嶋仁氏が講演を行った。

士別市は人口減少や高齢化、空き家の増加という典型的な地方都市で、士別市民病院も自治体病院として地域医療を担ってきたものの、毎年一般会計から10億円以上の繰り入れを行っていたらしく、民間企業なら倒産、まさに「崖っぷち」という状況だったようである。

そこで院長となった長島氏は、公的病院として地域医療を守る責務を果たすため病院経営の改革に乗り出す。具体的には、急性期医療中心の医療から慢性期医療中心の医療に大きく舵を切った。このことで療養病棟による長期入院患者の受け入れがしやすくなり、近隣の名寄・旭川地区からの転入入院患者数が大幅に増加する。同時に、直線距離で19kmしか離れていない名寄市立総合病院との医療連携強化を行うことにより、急性期医療減少による市民負担を軽減した。

これら一連の改革によって、平成29年度は追加繰り入れがゼロになり、30年度予算では繰入額が9億円以下になったとのことだった。

改革のポイントとして長島氏は、首長と病院事業者・院長との信頼関係が最重要であり、病院に対する士別市長の理解がなければ経営改善は達成できなかったと振り返っていた。

坂井市において、市立三国病院は公的病院として地域医療を守る重大な責務があり、今後の医療需要や介護需要の予測を見極めたうえで、高齢化社会を支える医療の提供を行っていかなければならないことを痛感した。

 

続いて第2部は、(株)シルバーウッド代表取締役の下河原忠道氏が『看取り率76%新たな看取りの場として機能するサービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」の挑戦』という表題で講演を行った。

銀木犀は千葉県を中心にシルバーウッドが運営するサービス付き高齢者向き住宅で、駄菓子屋やワンコインでランチができる食堂など、地域の人々が気軽に集まり入居している高齢者と接する機会をつくることで、多様なつながりの生まれる場となっている。

施設内で映画やコンサート、ダンス教室など様々なイベントを展開することによって、地域の人々が施設に興味を持ってくれるようになり、現在では銀木犀の祭りが地域の祭りとなっているとのことで、高齢者の施設が地域の社会資源となっている感じだ。

銀木犀には馴染みの場所で生活者のまま老衰死を向かえるという基本方針がある。下河原氏は、しっかりとした運営方針を持った「やる気度」の高い施設ほど入所者の看取り率が高いとした上で、看取りを経験した介護士は、その経験によってスキルアップを図ることができると話していた。

下河原氏の次の目標は地域に根差した就労支援施設の展開とのことで、レストランと福祉施設をマッチングさせた事業を計画しているとのこと。今後の下河原氏の活躍に期待したい。

author:辻ひとし, category:研修, 22:05
-, -
市町議会議員合同研修会

午前9時から市議会地方創生特別委員会。坂井市総合戦略5版に向けた意見集約を行った。その後午前11時から議会運営委員会。議会報告委員会より丸岡高校議会塾について概要説明が行われたほか、11月の定例協議会の議題などについて協議を行った。

 

軽部謙介氏.gif新川達郎氏.gif

 

午後1時半から福井県自治会館で行われた福井県市議会議長会と町村議会議長会が主催する市町議会議員合同研修会に参加する。同志社大学大学院総合政策科学研究科教授の新川達郎氏が「災害時における議会・議員のあり方」という演題で、時事通信社解説委員の軽部謙介氏が「どうなる日本経済」という演題で講演を行った。

前者の新川氏の講演内容は、既に坂井市議会では概ね構築されている内容で「今さら感」があったのと、軽部氏の講演はほとんどが軽部氏個人の憶測に基づいたもので、半日を費やして受講するほどの研修内容ではなかったと思う。

author:辻ひとし, category:研修, 20:57
-, -
ICT推進セミナー

 

会派の議員3名で、名古屋市内で行われた東京インタープレイ社による自治体向けICT推進セミナーに参加する。

議会におけるICT活用、具体的にはタブレット端末を導入してペーパーレス化などを行うことだが、坂井市議会では本庁舎を整備するにあたり、議会のICT化による「開かれた議会」の実現を図る提案がなされている。

今日は今年の6月定例会からタブレットを導入した愛知県北名古屋市の桂川将典議員が「ICTとデモクラシー」という演題で講演し、北名古屋市の取組について経緯や導入後の変化、今後の課題などについて話をされた。

桂川議員は住民の議会に対する無関心が民主主義最大の課題であるとしたうえで、タブレットの導入イコール議会改革ではなく、住民と議会の分断を解消にするためのツールであると述べて、スマートフォンやタブレットの普及率を見るまでもなく、今やICTツールの活用が当然の時代であり、市民生活で当たり前になっていることが議会で取り入れられていないことを強調していた。

次に主催者のパートナー企業のNTTドコモ東海支社がタブレットの利便性について説明し、残りの時間で東京インタープレイ社の担当者から、実際に運用した際の基本機能についてタブレットを操作しながら講習を受けた。

タブレットを導入してICT化を実現した議会では、資料のペーパーレス化だけでなく、議員間のコミュニケーション増加や事務連絡業務の効率化を図ることが可能になったようだ。さらにタブレットを活用することによって、自宅や会派室の本棚にある分厚い資料をデータとして持ち運ぶことができ、普段の議員活動に大いに役立っているとのことだった。今後は先進自治体の取り組みを視察するなどして、坂井市議会でも実用化すべきかどうか検討していきたいと思う。

author:辻ひとし, category:研修, 23:16
-, -
福祉のつどい一日研修

正面外観.gif玄関前.gif

 

午前10時から地元の三国町二の部福祉のつどいの一日研修会で、福井市燈豊町にある社会福祉法人九頭竜厚生事業団が運営する障害者支援施設「七瀬の郷」を視察する。

ここではさまざまなハンディを持つ方も、それぞれの役割を持ち一緒に暮らしていけるように安全・安心・安定した支援を行っているほか、館内の温泉施設を開放するなどして地域交流の場としての活用も図っている。

窓越しに山並みを眺めることができる自然環境豊かな場所に位置しているものの、施設長さんによれば、最近は開発が進んで景観が損なわれつつあるのと、2016年7月に起きた相模原障害者施設殺傷事件以来、セキュリティには特段に配慮しているとのことだった。しかし施設内はとても清潔な感じなのと、利用者の皆さんの人権と自立心を尊重する配慮が隅々までいきわたっており、皆さんに信頼され愛されている施設であることがうかがえた。

 

施設見学後三国町に戻り、アーバンデザインセンター坂井で食事をしながら9月17日に三国観光ホテルで開催する二の部地区敬老会の打ち合わせを行った。

author:辻ひとし, category:研修, 20:17
-, -
未来を創る人材育成

講演(2).gif講演(1).gif

 

午後、あわら市内で開催された平成29年度福井佼成議員懇話会総会に出席する。総会議事の後、認定こども園福井佼成幼稚園園長の森正伸氏が「未来を創る人材育成」という演題で講演を行った。

森先生は幸福度ランキングや全国学力テスト、住みやすさ、社長輩出数などが日本一と言われている福井県にあっても、これから必要とされるのは自立と貢献ができるグローバルな人材であるとして、その育成のためには従来の教育にみられるような偏差値重視に偏った認知能力ではなく、我慢する力や挑戦する力、感謝する心などの非認知能力をバランスよく教えていかなければならないことを強調しておられた。

具体的には、自分で考え行動できる力、相手のことを配慮しつつ自分の思いをしっかりと伝えられる力、革新的な提案ができる力を身につけることができるような幼少期の教育であると述べておられた。

福井佼成幼稚園は福井市内でも屈指の園であり、保育レベルも高いと聞いていただけに、森先生のお話は今後の坂井市の保育行政を考えていく上で非常に勉強になった。

author:辻ひとし, category:研修, 21:44
-, -
市議会議長会研修

講演中(1).gif講演中(2).gif

 

午後1時からいまだて芸術館で開催された福井県市議会議長会主催の議員研修会に参加する。今日は日本総研主席研究員の藻谷浩介氏が「20〜30年後の日本と地方都市の姿」という演題で講演を行った。

氏の講演を聴くのは5年ぶりだが、早口で機関銃のごとく話す口調は健在だ。藻谷さんは、国勢調査などのデータに基づき、日本の少子化問題は深刻だが、前向きな子育て支援策を行うことによって都会に行った若者を呼び戻すことができるとしたうえで、そこに住む人が堂々と住む理由を説明できる町だけが30年後も残ると強調しておられた。安倍政権が掲げる地方創生が掛け声倒れになりつつある中、坂井市の未来を考えていく上で大変参考になった。

author:辻ひとし, category:研修, 19:30
-, -
運転者講習会

午後6時から市役所防災会議室で市職員組合執行委員会。市長交渉に向けた今後の取り組みなどについて協議を行う。

 

 

その後三国体育館に移動して三国交通安全協会の運転者講習会に出席する。今日の講習では先日の二の部敬老会でも演じてくださった坂井西署みくに見守る座のオレオレ詐欺被害防止寸劇も上演された。

三国地区でも夜間の高齢者が事故に遭うケースが多いとのことで、講習では担当官が反射材装着などの必要性を強調していた。

author:辻ひとし, category:研修, 23:00
-, -
女性議員ネットワーク会議研修会(2日目)

全体会.gif分科会.gif

 

民進党女性議員ネットワーク会議研修会2日目。全体研修会1コマに続いて分科会、総会が行われた。

 

全体研修会では大島堅一龍谷大学教授が「原子力発電とエネルギー」という演題で講演を行った。大島教授は原子力発電のコスト問題を中心に解説し、近い将来に原発ゼロになっても燃料費などの増加よりも原発維持費の減少幅の方が大きいのと、電力需要と供給のバランスの関係から電気料金を値上げすることなく安定的に電力を供給できるとし、政府による原子力発電の延命策が再生可能エネルギーの利用を妨げていることを強調しておられた。さらに今は電力がビジネスという時代ではなく、労組関係者もコスト問題について勉強不足であると話しておられた。確かに福井県内の原子力発電の稼働がなくても電力不足に陥ったことは一度もなかった。原発ゼロで電力の安定供給が可能なのかどうか、今後さらに学習や議論を積み重ねていかなければならないと考える。

 

続いて行われた分科会では、6つのグループに分かれて担当の国会議員との政策意見交換が行われた。私は「保育士確保」というテーマの分科会に出席させていただいたが、出席していた自治体議員の方からは保育士の処遇改善と社会的地位の確立を求める声が圧倒的だった。特に安倍総理が政権発足当時から繰り返し言ってきた「平成29年度末には待機児童ゼロ」という言葉を信じてきた保護者や働く人たちの失望は大きく、待機児童問題は解消する見込みすら立っていないのが現状である。私からも保育士の処遇改善策として、保育のプロとしての専門性に見合う給与の一律アップを国の予算で行うようお願いした。

 

分科会終了後に行われた総会では就任したばかりの前原誠司代表が挨拶。続いて「2017年度重点施策と行動計画」「2017年総会アピール」を採択し前原代表に手渡し閉会した。

author:辻ひとし, category:研修, 23:14
-, -