RSS | ATOM | SEARCH
ライトブルーの夕日

 

朝方、日の出前の東の空がコバルトブルーに染まることがあるが、夕方の西の空はライトブルーというイメージだ。今日の西の空はまさにその典型といった感じで、いよいよ秋本番である。

author:辻ひとし, category:四季折々, 18:53
-, -
秋の夕暮れ

 

「秋の夕暮れ」という結び言葉を入れた和歌は、藤原定家が編者の新古今和歌集の時代において一種のブームになっていたとのことである。確かに幽玄の世界というか、情趣の美というか、叙情的な景色を表すのにふさわしい言葉なのかもしれない。

author:辻ひとし, category:四季折々, 18:17
-, -
秋本番か

 

午前中から雨模様だったが、涼しくなってきたことはありがたい。週末にかけても雨の予報が出されているものの、台風が接近する様子はなく、このまま秋本番を満喫できたらいいと思う。

author:辻ひとし, category:四季折々, 23:44
-, -
寒暖の差

 

早朝の濃霧も9時前には消えてほぼ秋晴れの一日だった。朝夕めっきり涼しくなって過ごしやすくなってきたが、これまで寒暖の差によって体調を崩すことも多く、今年は新型コロナウイルス感染症のこともあり、発熱でもしたら家じゅう大騒ぎなってしまうので気をつけなければならない。

author:辻ひとし, category:四季折々, 19:32
-, -
秋晴れ

 

秋晴れの一日で気温も30℃を下回り、窓からは心地よい風が入ってきていた。年間を通じて今日みたいなお天気だったら!って、みんな思うのだろうけど、酷暑や大雪・大雨があるから今日のような天候がありがたいのだと思う。

author:辻ひとし, category:四季折々, 21:50
-, -
雨模様

朝からぐずついた天気で、窓を開ければ風が吹き込んでくるものの生暖かい感じがした。しかしながら、気温が下がったおかげで、体を動かせば汗が噴き出るということはなかった。少しずつであるが秋を実感し始めている。

author:辻ひとし, category:四季折々, 19:36
-, -
わずかに秋の気配

 

今朝起きてベランダの窓を開けると、吹き込む風に涼しさを感じた。これが秋の気配というものか。

author:辻ひとし, category:四季折々, 13:24
-, -
猛暑

 

朝から30℃を超える猛暑となる。子どもの頃はこんなことはなかった。地球温暖化の影響が大きいことは明らかだと思うのだが、それについて国連などの国際舞台で前向きな議論が行われているとは到底思えない。せめて日本政府が旗振り役をしてもらいたいと願う一人であるが、あの無能な環境大臣を含め現政権にそんな動きが見られないのが残念だ。

author:辻ひとし, category:四季折々, 20:09
-, -