RSS | ATOM | SEARCH
三連休最終日

 

自宅前の紅梅が満開になっている。暖冬の今年は今月中旬には花が咲いていた。この感じでは入学式の時には既に桜が散っていると思う。それにしても、春はもうそこまで来ているのに何もかもが自粛というのがやるせない。

author:辻ひとし, category:四季折々, 19:10
-, -
聖夜

 

メリークリスマス!これからが冬本番です。お身体、大切にしてください。

皆様のところにも素敵なサンタが来ますように。

author:辻ひとし, category:四季折々, 20:01
-, -
小春日和

 

冬型の気圧配置が緩んで朝から快晴の一日だった。朝は朝日を浴び、夕刻には夕焼けに映える国見岳がインスタ映えしていた。

author:辻ひとし, category:四季折々, 22:15
-, -
モズのはやにえ

 

モズは獲物を保存するため、雪が積もらない高さの枝先などに突き刺す習性があるといわれるが、今年は例年より高い位置に獲物が刺さってしたとの報道があった。つまり今シーズンは大雪になるというわけだ。

先日の昼休みにその話題になった。「そんなの単なる風説」「いや、昔の人の言うことは当たる」など賛否両論だったが、いずれにせよ備えだけは万全にしておきたい。

author:辻ひとし, category:四季折々, 23:16
-, -
雪の便り

 

勝山市ではこの冬初めて除雪車が出動し、石川県や富山県では平野部でも初雪が観測されたとのこと。いよいと来たか、という感じだが、やっぱり雪はチラホラと舞うだけでいい。

author:辻ひとし, category:四季折々, 21:56
-, -
晩秋

 

季節の変わり目だが、最近は夏から秋を飛び越えて一気に冬が来てしまうという感じがする。ただ今年は何となく秋を感じる時間が長い気がする。冬の到来は遅ければ遅いほどいい。

author:辻ひとし, category:四季折々, 22:51
-, -
秋晴れ

 

秋だというのにぐずついた天気が続いていたが、昨日あたりから本来の秋晴れがやってきた。近年は暑い夏が過ぎると秋を飛ばして一気に冬が来るという感じがするのも異常気象の成せる業なのだろうか。

author:辻ひとし, category:四季折々, 20:11
-, -
中秋の名月

 

今年は13日が中秋の名月、14日が満月と、中秋の名月と満月の日付がずれているとのこと。それが市民生活に影響を及ぼすわけではないが、今でもススキやお団子を飾る風習がある地区もあり、たまにはじっくりと美しい名月を楽しむのもいい。

author:辻ひとし, category:四季折々, 19:56
-, -