RSS | ATOM | SEARCH
サンマル豪雪 道路除排雪の検証について

 

道路の除雪については、車社会の福井県においては身近な生活に直結するため、鉄道とは比べ物にならないほど多くの方からご意見をいただいた。五六豪雪の時よりも自動車保有台数が倍増しているにもかかわらず、除雪を担う業者が減少していること、また暖冬が続き雪のない冬が当たり前のようになっていたこと、物流の進化で冬でも夏と同じような市民生活を営むようになってきたことなどが今回の混乱の要因に挙げられている。

確かに積雪量は三八や五六の方が多いのは事実で、私も幼少の時に経験した三八豪雪の際には平屋の屋根よりも雪の丈が高かったように記憶している。しかし当時自家用車はもちろん宅配便もなければスーパー・コンビニもない時代で、大量の雪が降ったら家の中でおとなしくするしか手段がなく、火急な除雪作業が必要とされなかったのかもしれない。

しかし平成の現代はそうはいかず、物流が途絶えれば直ちに市民生活が窮地に追い込まれる。また保育ニーズも三八や五六の頃と比べたら段違いに高い。

今年のような豪雪が今後も毎年繰り返されるとは考えにくいが、タイムリーな除雪そして排雪をどう組み立てていくか、市民の皆様から寄せられたご意見や行政の検証を参考にしながら、ベストな対策を構築していかなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 20:43
-, -
サンマル豪雪 鉄道不通の検証を

 

Twitterではサンマル豪雪とか30豪雪として投稿されている今回の大雪。今週は雪の影響で延期されていた会合やイベント、懇親会が続く。会う人ごとに「とにかく大変でしたね」というのがあいさつ代わりになっている感じだ。

 

 

多角的な検証が必要な今回の豪雪だが、本来ならば寸断された高速道路や国道、一般道を補完するインフラとして機能すべき鉄道もマヒしてしまったことを問題視する向きは多い。「想定外」の大雪だったとは言え、橋が落下したり路肩が大規模に崩落したわけでもないのに何日もの間鉄道が不通になってしまった。不眠不休で復旧にあたっておられた鉄道会社の方には本当に感謝の気持ちでいっぱいだが、何日も不通にせざるを得なかった要因を徹底的に検証し再発防止に努めなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 23:00
-, -
大雪の爪痕

午後2時から自治労福井県本部執行委員会。その後ユニオンプラザに移動し連合福井執行委員会と続いた。車で福井市内に入ると道路両側の雪の壁の高さが一気に高くなる。交差点での右左折はもちろん、コンビニから出るときも危険と隣り合わせだ。生活道路での徐行運転、そして交差点では十分な安全確認を。

author:辻ひとし, category:寒波, 17:14
-, -
寒波緩む

国見岳方向.gif火力発電所方向.gif

 

「朝日が眩しい」という言葉があるが、久しぶりに「眩しい朝日」を見ることができた。冬の日差しのありがたさを改めて感じた一日だ。

午前中、複数の用務で三国町内を回ったが、幹線道路は県道151号線(覚善から成田山方向に行く道)を通行止めにして除雪していたほかはスムーズに通ることができた。町なかの生活道路もほぼ除雪されていたが、道幅が狭い箇所が多く、対向車が来ると交互通行が難しい状況だ。また、スーパーの駐車場は面積の半分ほどに雪が積み上げられており、車を停めるのにひと苦労という感じで、まだまだ日常生活に戻っていない。

それでもこの先の天気予報を見ると大雪は来ないような気配であり、少しずつではあるが不便さは解消に向かうと考える。

ただ、今回の大雪の被害は甚大であり、明後日から開かれる3月定例会において、今後の復旧や補償、除排雪作業の検証などについてしっかりと議論をしなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 17:54
-, -
チーム坂井で

自宅前から桜谷公園方向.gif

 

今日も断続的に除排雪に関するお電話をいただく。「ひどいことになっている。ちょっと見に来てくれ」というケースも少なくなく、午前中三国町内の現場を数ヶ所回らしていただいた。かと言って、その場で私の力で解決できるようなものではなく、市役所に連絡を取るなどして対応をお願いする。

事業者の方は不眠不休で除排雪に、また市役所の職員さんは連日泊まり込みで業務にあたっており、疲れはピークに達している。誰しも同じだが、ここはチーム坂井で乗り越えなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 21:38
-, -
生活物資の不足

 

寒波が若干緩んだものの、スーパーでは野菜の高値が続いている。パンに至っては入荷即完売という状況が続いているとのことで、相変わらず物流が滞っているようだ。

今回の豪雪で多くの課題がクローズアップされたが、その検証はまだ先の話で、まずは総力を挙げて生活道路・幹線道路の除排雪を行い、市民の足の確保そして物流の確保を行わなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 20:15
-, -
物流の確保

 

大雪の影響で今日もすべての予定がキャンセルになる。雪かきは連続で2時間、3時間やっても終わらない。

生活道路だけでなく幹線道路の状態も最悪のようで、今日から幹線を一定区間を通行止めにして徹底的に除雪と排雪を行うとのこと。ガソリンや生鮮野菜の不足を解消するため物流の確保が必要だと思う。

author:辻ひとし, category:寒波, 18:51
-, -
寒波続く

 

午前10時から議会運営委員会。大雪のため3月定例会の日程を大幅に変更することとなった。

午前11時から市議会全員協議会。理事者から今回の大雪による被害状況などの報告があった。農業ハウスの倒壊だけでも被害総額は7千5百万円になるとのことで、住宅やガレージなどの倒壊も含めて今後さらに被害は拡大する模様だ。

生活道路の除雪作業が追い付いていないようで、私の携帯にも断続的に連絡が入る。市は24時間対応で除雪にあたっていますが、既に能力をオーバーする積雪になっており、地域の皆様のご協力をお願い申し上げます。

author:辻ひとし, category:寒波, 19:22
-, -