RSS | ATOM | SEARCH
緊急事態宣言解除

政府は緊急事態宣言の全面解除を決定した。この日を待ちわびた人は多いと思うが、もちろんすべてがコロナ以前に戻ったわけではない。まずは第一歩を踏み出したにすぎないと考えた方がいいと思う。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 19:10
-, -
少しずつではあるが

今日も県内での新型コロナウイルスの新たな感染者の発表がなく、これで4月29日から26日連続となった。公園で遊ぶ子どもたちの姿も少しずつではあるが増えてきた感じだ。ただし油断は禁物。このウイルスについて、まだまだ未解明な部分が多いことを忘れてはいけないと思う。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 19:56
-, -
ZOOM会議

 

午前中、F−TOP21議員懇話会定例会をオンライン会議で行った。私にとってはZOOM会議デビューだったが、大きなトラブルもなく、新型コロナウイルス感染症対策などについて有意義な意見交換ができた。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 23:46
-, -
学校の再開について

県による学校再開の要請を受け、市内の公立小中学校が6月1日(月)から学校再開になる。

ただし6月1日は午前中のみの登校で給食はない(給食は2日から)。また、体温が37℃以上あったり、風邪の症状があったりするときは登校を控えるとしている。スクールバスについては3密を控えるため増便する。教室では換気を徹底し、複数回の手洗タイムを設定する。登校の際は必ずマスクを着用し、学校に到着後は児童生徒玄関で手指のアルコール消毒を行う。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 18:35
-, -
ソーシャルディスタンス

 

14日に政府から示された地域でのイベント開催における基準を参考にして、沖縄県宜野座村文化センターがらまんホールがソーシャルディスタンス(2メートル)を確保してホールの座席に座るシミュレーションをしたところ、400人キャパのホールに60人入ったところで「満席」になってしまったとのこと。

フェイスブックで公開されているのが上の写真だが、これではどんな興行でも赤字になってしまうだろうし、各種団体・協会の定期大会だったら出席者が定数に満たないため大会が成立しないと思う。

抗ウイルス薬が普及するまでこの「新しい生活様式」を続けなければいけないとしたら、コンサートも講演も従来の形では開催できない。ZOOMコンサートなどのオンラインライブが一つの打開策だと考えるが、採算が取れるビジネスとしてやっていけるかどうか。当面は手探りの状況を続けるほかはないが、何とかその中で持続可能な仕組みを構築していかなければならないと思う。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 18:57
-, -
アベノマスクはいつ届く

 

これもまた新型コロナウイルス感染症対策なのだろうが、いつになったら届くのだろうか。厚労省のホームページ上ではずっと「準備中」のままで、いつ頃を目安に配達されるのか全く知ることができない。

巨額の税金を投入したアベノマスクだが、不良品だらけのマスクに対して自民党支持者からも「今更必要がない、いらない」という声が聞こえてくる。政府が学校の9月入学に肯定的なのも、アベノマスクをはじめとする一連の新型コロナウイルス感染症対策への批判をかわすためだという意見も少なくない。

もう福井県内にアベノマスクを配布する意味はなくなりつつあると考えるが、政府は国民のために何が何でも配布を継続するとのこと。首相をはじめ政権全体が政策の優先順位だけでなく、物事の善悪の判断すらつかなくなってきているように思う。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 09:44
-, -
オンライン飲み会

 

これも新型コロナウイルス感染対策の一つに数えられるのだろうと思うが、まだやったことがない。ネット記事を見ると賛否両論があるようだ。夜間の外出が解禁になるとはいえ、いきなり飲み仲間と宴会というわけにはいかない。地元の居酒屋さんでテイクアウトを購入して好きな飲み物で乾杯。帰りの心配をしなくていいのが何よりの利点だ。こんな時だからこそできる活動を通じて少しでも地域を明るく元気にしたいという気持ちで一度やってみたい。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 17:28
-, -
ミーティング

夕方、用務のため市役所へ。めっきり登庁する回数は減ったがやるべき用務はむしろ増えている。その分テレワークをやっているが、今日みたいにバウチャーを見ながら行わなければならない会合もある。しかしながら、久しぶりにお会いする方もいて積もる話に時間が経つのが早く感じた。

author:辻ひとし, category:新型コロナウイルス感染対策, 23:12
-, -