RSS | ATOM | SEARCH
コロナ禍での避難

今回の「令和2年7月豪雨」がもたらした水害や土砂災害などによって、犠牲となられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

令和2年7月豪雨は、日本列島に停滞した梅雨前線に向かって暖かくて湿った空気が流入し、大気が不安定となり積乱雲が発達し記録的な大雨となった。九州地方のほか岐阜や長野でも甚大な被害が出ており、多くの人が避難生活を余儀なくされている。

今回はコロナ禍における避難ということで、被災地の避難所ではこれまでにない対応を強いられている。先の市議会6月定例会においても、複数の議員がコロナ禍での避難所運営について一般質問を行い、問題点を指摘するとともに、その対応について市当局と質疑を交わしていた。

避難先での3密を避けるため、公的機関だけでなく民間の事業所を避難先として提供してもらうことや、避難者の感染予防・健康管理のための衛生環境の整備など避難所運営マニュアルの見直しも含め、課題が山積みであることを痛感している。

author:辻ひとし, category:災害, 20:44
-, -