RSS | ATOM | SEARCH
台風上陸

久しぶりの台風上陸で朝から激しい雨に加えて強い風が吹いていた。強風の台風と言うと
平成3年(1991年)9月に日本を直撃した台風19号、いわゆるリンゴ台風を思い出す。

9月27日夜に三国沖を通過した際の最大瞬間風速は50m/sを超えていたと言われている。当時鉄筋コンクリートの団地に住んでいた私は、建物が倒壊する恐怖はなかったものの、強風にあおられ舞い上がった砂利が団地内の駐車場に停めてあった家内の車を直撃し、ボンネットや屋根が損傷した。
どういうわけか私は落ち着いていて、追い風50mの中で100mのタイムを計ったら9秒台が出せるのではないか、などと考えていた。

ちなみにその年の春に私たちは結婚していた。あれから18年。月日の経つのは本当に早いものだなあ、と激しく揺れる木々を見ていて感じた。

author:辻ひとし, category:回想, 23:33
-, -