RSS | ATOM | SEARCH
秋の臨時国会に向けて

安倍総理の「地方創生」が本心であるならば、それはそれで大いに結構なことだが、実際は地方創生ではなく、来春の統一地方選挙のためのバラマキに過ぎず、選挙が終わればまた都市オンリーの政策に戻るのは目に見えている。
集団的自衛権や特定秘密保護法、更にはTPPという国家の方向性を決める重要な議論を丁寧に行わない姿勢もいかがなものか。相変わらずバラバラというイメージは払拭できないが、それでも私は野党の奮起に期待したい。

author:辻ひとし, category:政局, 22:05
-, -