RSS | ATOM | SEARCH
みくに市民センター建設事業設計者選定プロポーザル審査
平成29年11月に開館する予定の「(仮称)みくに市民センター」について、このほど建設事業設計者がプロポーザル審査によって決定した。新しく建設される市民センターは、文化ホールと支所・会議室という3つの機能を備えるため、開館時間の違いによる運営上の問題等をクリアする構造でなければならない。最優秀に選ばれた案はホワイエを兼ねる市民ギャラリーが、3つの機能を結びつける形態になっているとのこと。
今後、年度内に基本設計・実施設計を終え、来年度の当初予算に建設費が計上される段取りになっている。またこの事業に関連して、三国運動公園管理センターの大規模改修や現在の三国総合支所や三国社会福祉センターの解体などが行われる予定だ。​
author:辻ひとし, category:市政, 23:20
-, -