RSS | ATOM | SEARCH
千代の富士の訃報

東京でのサラリーマン時代、国技館の升席で何度か相撲を観戦した。その頃ウルフと呼ばれて頭角を現してきた千代の富士。軽量ながら豪快な取り口が相撲ファンだった私の心を熱くしてくれた。

北の湖もそうだったが、早すぎる。早すぎるよ。

author:辻ひとし, category:訃報, 22:07
-, -