RSS | ATOM | SEARCH
今日は駅弁記念日

 

日本で初めて駅弁が売られたのが1885年(明治18年)の今日、宇都宮駅でのことだったという説に基づいて制定されているらしい。

駅弁は色々と食べてきたが、私なりに順位を付けるとやっぱり1位は「峠の釜めし」だ。学生時代に福井に帰省した際の行き帰り、長野経由の国鉄を利用した時は、碓氷峠越えの機関車を連結(もしくは切り離し)したときに5分間停車する横川駅で必ずこれを買って食べた。当時は汽車の窓が開閉したことから、窓越しにいつ鳴り出すか分からない発車ベルにハラハラしながら釜めしを買っていた。

時代は変わって長野まで新幹線が開業してからはその光景を見ることはなくなったが、現在もなお北陸新幹線の駅や高速道路のサービスエリアの売店などで健在であるとのことだ。またデパートなどで開催される駅弁フェアなどでは看板商品として並ぶことも多いらしく、福井西武の6階で何気に釜めしに出会うこともありそうだ。

author:辻ひとし, category:グルメ, 14:11
-, -