RSS | ATOM | SEARCH
女性議員ネットワーク会議研修会(2日目)

全体会.gif分科会.gif

 

民進党女性議員ネットワーク会議研修会2日目。全体研修会1コマに続いて分科会、総会が行われた。

 

全体研修会では大島堅一龍谷大学教授が「原子力発電とエネルギー」という演題で講演を行った。大島教授は原子力発電のコスト問題を中心に解説し、近い将来に原発ゼロになっても燃料費などの増加よりも原発維持費の減少幅の方が大きいのと、電力需要と供給のバランスの関係から電気料金を値上げすることなく安定的に電力を供給できるとし、政府による原子力発電の延命策が再生可能エネルギーの利用を妨げていることを強調しておられた。さらに今は電力がビジネスという時代ではなく、労組関係者もコスト問題について勉強不足であると話しておられた。確かに福井県内の原子力発電の稼働がなくても電力不足に陥ったことは一度もなかった。原発ゼロで電力の安定供給が可能なのかどうか、今後さらに学習や議論を積み重ねていかなければならないと考える。

 

続いて行われた分科会では、6つのグループに分かれて担当の国会議員との政策意見交換が行われた。私は「保育士確保」というテーマの分科会に出席させていただいたが、出席していた自治体議員の方からは保育士の処遇改善と社会的地位の確立を求める声が圧倒的だった。特に安倍総理が政権発足当時から繰り返し言ってきた「平成29年度末には待機児童ゼロ」という言葉を信じてきた保護者や働く人たちの失望は大きく、待機児童問題は解消する見込みすら立っていないのが現状である。私からも保育士の処遇改善策として、保育のプロとしての専門性に見合う給与の一律アップを国の予算で行うようお願いした。

 

分科会終了後に行われた総会では就任したばかりの前原誠司代表が挨拶。続いて「2017年度重点施策と行動計画」「2017年総会アピール」を採択し前原代表に手渡し閉会した。

author:辻ひとし, category:研修, 23:14
-, -