RSS | ATOM | SEARCH
学校給食センターの方向性について

午後、三国学校給食センターで同センターの整備事業について職員向けの説明会があり、私も出席させていただいた。昭和61年4月に建設した三国学校給食センターは建築後31年が経過し、設備等の老朽化が著しく、平成32年4月に三国町楽円に移転新築される計画になっている。

移転後は現在の三国地区幼保園5園、小学校5校、中学校1校、坂井地区の小学校1校に加え、坂井地区の小学校3校、中学校1校にも供給される。センターの運営については、調理・洗浄業務を民間委託することとしているが、献立の作成や食材の調達などはこれまで通り坂井市が行う。

民間委託を行うにあたっては、食品衛生管理・労働安全などの面から、現在センターで働いている職員さんの雇用の継続はもちろん、異動を希望される方にも十分配慮されなければならない。安全で安心な学校給食を未来永劫子どもたちに供給するために、整備事業の推移を見守っていきたいと思う。

author:辻ひとし, category:市政, 20:13
-, -