RSS | ATOM | SEARCH
えちてつ物語


 

午後、テアトルサンクで映画「えちてつ物語」を観る。地元を走る電車と地元の観光地が銀幕に登場する映画ということで、公開当初から観たかった映画だが、なかなかタイミングが合わず今日になってしまった。

泣き笑いの連続のストーリーはラストシーンまで退屈することはなかった。キャストも素晴らしく、特に無口で不器用な兄貴役を演じていた緒形直人がよかった。

それにしても、映画後半に運行される「臨時便」は脚本の世界だけの話なのだろうか。実際にあんな臨時便が走ったらすごいなと思いつつ、最後はウルっときてしまった。

ラストで出てくる勝山の左義長を見ていたら、本物の勝山左義長を見たくなった。

今年こそ行ってみたいな、勝山左義長。

author:辻ひとし, category:映画, 22:17
-, -