RSS | ATOM | SEARCH
ゆく時代くる時代

 

今年は「年末年始が2回あるようだ」って誰かが言っていたが、平成から令和への代替わりはまさにそんな感じだった。

即位後朝見の儀で新陛下は、30年余り国民と苦楽を共にした上皇さまに「敬意と感謝」を示すとともに、国民に寄り添いながら憲法にのっとり、象徴の責務を果たすことを誓っておられた。

それにしても、「上皇」という位は歴史の教科書の中の話であり、それが現実の話になるなんて誰が想像できたであろうか。それだけ上皇さまにおける今回のご決断は重く尊いことだと思う。

author:辻ひとし, category:年末年始, 22:47
-, -