RSS | ATOM | SEARCH
マラソン・競歩の札幌開催

 

札幌開催案はドーハの世界陸上の女子マラソン棄権者が4割に達しIOCのバッハ会長が危機感を持ったからという。それは分かるが、東京開催で東奔西走してこられた人たちにとっては「ああ、そうですか。仕方ありませんね」という気持ちにはなれないだろう。

元々8月の東京の気候を「温暖」などとうそぶいたこと、ただでさえ熱中症で多くの人が病院に搬送される時期にマラソンや競歩競技をやるのを狂気の沙汰だと思わなかったことが間違っている。

確かに札幌なら「絶対安全」と言い切れないまでも、東京でやるよりはましだと思う。しかし今回、誰がどのような経緯で札幌にしたのかを明らかにすべきだ。このまま釈然としないままオリンピックを開会すれば関係者にしこりが残り、せっかくの祭典にグレーゾーンをつくってしまう。

またここにきて、この会場変更問題が来年行われる東京都知事選挙絡みの政局になってきた。この際とことん小池知事を追い詰めたい自民党都議の思惑と、「四面楚歌にされても頑張っている知事」を演出したい小池さんの戦略がぶつかっている感じだ。本当に蚊帳の外におかれているのは選手や都民だと思う。

author:辻ひとし, category:国内ニュース, 08:57
-, -