RSS | ATOM | SEARCH
まちコミュスポットてくるん(松山市)

てくるん(正面玄関前).gifてくるん内部.gif

 

教育民生常任委員会の視察研修2日目。松山市の中心市街地の商業施設の中にある松山市まちなか子育て・市民交流センター「てくるん」を視察する。待機児童解消や子育て世代への支援、また中心市街地の活性化を図る目的で、平成24年3月から商店街の空き店舗を活用し、保育・託児機能を備えた市民交流スペースを運営している。

施設内には子育て相談やまちなかサロンなどのイベントが開催できる多目的交流スペースのほか、小規模保育園「すまいる」や日曜・祝日に幼児の一時預かりを行う託児室、多目的トイレ、授乳スペースなどが整備されている。また、必要に応じてベビーカーなどの無料貸し出しも行っている。私たちが訪問した際も、子育て真っ最中のお母さんを対象とした専門講師による子育て相談会が催されていた。

ただ、施設の賃借料が月額約100万円と高額で、これに人件費などを加えた場合、ランニングコストが掛かり過ぎるような印象を受けた。市の一般会計予算が1838億円という規模で、財政力指数も0.77と愛媛県内でも2番目に高い自治体であるが故に整備できた施設だと考えるが、利用者の評判はことのほか良いようで、費用対効果を考えなくてもよいのなら坂井市のショッピングモールにも類似の施設があればいいと思う。

author:辻ひとし, category:視察研修, 22:29
-, -