RSS | ATOM | SEARCH
市町議会議員研修

 

午後1時半からフェニックスプラザ大ホールで開催された福井県市町議会議員合同研修会に参加する。

今日は、早稲田大学マニフェスト研究所ローカルマネージャーの長内紳悟さんが「議事機関としての質疑・質問のあり方とは」という演題で、早稲田大学大学院教授の川村亨夫さんが「最新の国際情勢と日本の針路」という演題で講演を行った。

川村先生の講演は、メディアが報道しない国際時事解説が中心で興味深かったと思う。また長内先生は、自治体議員の資質向上を図っていくうえで、今後オンライン会議の導入や事業よりも施策・政策に焦点を当てる一般質問の必要性を強調されており、地方議会・地方議員のあり方を考えていくうえで大変参考になった。

author:辻ひとし, category:研修, 18:35
-, -