RSS | ATOM | SEARCH
大阪のうた
NHK大阪放送局が「心に残る大阪のうた」を思い出やエピソードとともに募集している。採用分は、11月3日にNHK大阪ホールから生放送される第8回「わが心の大阪メロディー」の番組の中で紹介されるとのことだ。

心に残る大阪の歌と言えば、私の場合、「ふたりの大阪」という歌がある。
読売旅行という会社でバス旅行の添乗員をやっていた時、20歳代半ばで紅顔の美少年だった私が、毎回バスの中でお客さん(特に年配の女性の方)から「添乗員さ〜ん、一緒に歌ってよぉ〜」とせがまれたのが「ふたりの大阪」だった。

ご存知都はるみと宮崎雅のデュエット曲だが、演歌にまったく興味のなかった当時の私がその歌詞を知るはずもなかった。
添乗員にとってもお客様は神様、これも営業の一環だと思った純真無垢な(その頃の)私は必死になって歌詞とメロディーを覚えたのであった。

その甲斐あって(何の自慢にもなりませんが)今でも3番まで歌詞カードなしで歌うことができます。機会がありましたらカラオケでご一緒しましょう。
author:辻ひとし, category:回想, 22:03
-, -