RSS | ATOM | SEARCH
12月8日
12月8日と言えば日米開戦(真珠湾攻撃)の日として知られているが、私は12月8日は1980年にジョン・レノンが暗殺された日として記憶に残っている。
当時、東京都中央区にある会社に勤務していた私は、いわゆる「ビートルズ世代」である上司らが深刻な顔をしてジョン・レノン暗殺のニュースに聞き入っていたのを憶えている。私もジョン・レノンの歌は三度の飯より好きだった。

その頃アルバイトをしていた学習塾の教え子の一人が、学校の昼休みにロックを放送すると、教師が放送室に怒鳴り込んできてロックを流すのを中止させられると言っていた。中学生の教育に悪影響を及ぼすというのが理由らしい。とても悲しい気持ちになった。

「君、その先生に言ってやれ!なぜロックがいけないんだ。ロカビリーやブルースならいいのかね?そもそもロックが悪いと言うからには、ロックはいろいろと聞いたんだろうな。じゃあアンタに聞くが、ロックと言えば代表選手はビートルズだ。ビートルズのどの歌のどの部分がどのように僕たちの教育に悪いのですか?ってね」

ジョン・レノンが非業の死を遂げたとき、皮肉にも街にはクリスマス・イルミネーションが眩しく飾られ、オノ・ヨーコとの楽曲である「ハッピー・クリスマス」が似合う季節になっていた。「ハッピー・クリスマス」はクリスマスソングの定番として、今日に至るも高い人気を誇り頻繁に流されている。
author:辻ひとし, category:回想, 23:36
-, -