RSS | ATOM | SEARCH
福井空港

県警ヘリコプター?くずりゅう?.gif防災航空隊の地上訓練.gif

 

午前10時から市議会総務常任委員会。委員会審査に入る前に委員全員で春江町にある福井空港を視察、県警ヘリコプターの飛行や防災ヘリコプターを使った地上訓練などを見学させていただくとともに、担当の職員さんから空港施設の概要や利用状況、今後の課題などについてお話を伺った。

 

夜、坂井町のいねすで坂井市臨時職員組合のブロック別集会。三国地区と坂井地区にある幼保園やこども園、給食センターに勤務する保育士さんや調理員さんから職場の労働環境などについてお話を伺った。

author:辻ひとし, category:視察, 20:37
-, -
坂井市アンテナショップ

オープニング.gif酒まんじゅうの配布.gif

 

午前中、品川区の戸越銀座商店街に先週オープンした坂井市アンテナショップを視察する。今日は戸越銀座商店街の「第19回とごしぎんざまつり」に合わせて、坂井市出身で歌手で女優の高橋愛さんを一日店長として迎えイベントを行っていた。

イベントでは丸岡産の浴衣帯を巻いた白の浴衣姿の高橋さんが、福井県の風習である「まんじゅうまき」に倣い、店頭で先着100名のお客さんに紅白の酒まんじゅうを配っていた。

アンテナショップでは、坂井市内から直送された野菜や果物にコシヒカリ、お馴染みの「谷口屋のおあげ」などの特産品のほか最新トレンドの浴衣帯も販売している。また店のアルバイトスタッフには坂井市出身の大学生を採用し、故郷の地場産品の販売や紹介を行っている。

アンテナショップを訪れるお客さんが地元の方だけに固定されるのではないかという懸念があるが、戸越銀座商店街はテレビのバラエティー番組でも度々登場するため首都圏からだけではなく地方からの観光客も増えているとのことで、今後坂井市の情報発信基地としての役割を大いに期待するところである。

author:辻ひとし, category:視察, 23:12
-, -
和歌山国体会場視察(橋本市)
橋本市役所.gif橋本市運動公園多目的グランド.gif

政和会と政友会の合同視察2日目。バレーボール競技とサッカー競技を開催した和歌山県橋本市を訪問する。今日も最初に市役所で当時の担当職員さんからレクチャーを受けた後に実際に競技が行われた会場を視察する。
昨日訪れた御坊市の職員さんも言っておられたが、橋本市の職員さんも、国体をスムーズかつ有意義に行うためには市民ボランティアの活用が必要不可欠であることを強調しておられた。大会後には「ボランティア活動を通じて国体を楽しんだ」という市民の方の声が多かったらしく、人と人との交流や青少年の育成に大きな効果があったと話されていた。そして市議会議員も、そのほとんどが連日ボランティアとして会場内外で任務にあたっていたとのことだった。
国体とはスポーツの普及や経済効果もさることながら、全国から訪れる選手や大会関係者との交流の中で、自分たちの住むまちを見つめなおし、その素晴らしさを全国に向けて発信するのも目的の一つなのではないか、そう感じて和歌山を後にした。
author:辻ひとし, category:視察, 21:58
-, -
和歌山国体会場視察(御坊市)
御坊市役所.gif御坊市立体育館.gif

市議会政和会との合同視察1日目。昨年の和歌山国体で少年女子バレーボール競技の会場となった御坊市を視察する。初めに御坊市役所を訪問し、当時の担当職員さんからお話をお伺いし、その後会場となった御坊市立体育館を見学した。
御坊市において特に苦労されたのは、駐車場の確保と選手・関係者の輸送手段だったようだ。会場となった体育館にはほとんど駐車スペースがないため、少し離れた港湾用地を駐車場として確保しピストン輸送を行ったとのことだが、バスやタクシーの手配については当初の計画通りにいかなかったようだ。このため福井国体にあたっては、県などと十分な協議を重ねる必要があることを痛感した。
author:辻ひとし, category:視察, 23:50
-, -
ギフトショー春2016
屋外看板前東館会場内(福井県ブース前)

私が所属する会派(政友会)の議員4名で東京ビッグサイトで開催されているビジネスガイド社主催の「ギフト・ショー春2016」を視察する。東京ビッグサイトの全館を貸し切って行っているだけに、そのスケールの大きさは半端ではない。こんなことろにも東京への一極集中を感じる。

今日はまず東館で福井県が特設しているブースを訪問、坂井市丸岡町の越前竹人形協同組合をはじめ、越前漆器協同組合、越前焼工業協同組合、福井県和紙工業協同組合などが出展していた。やはり県単位でまとまったブースで出展した方が来場者へのアピール度は大きいようで、多くのバイヤーなどが足を止めて係の人に質問を浴びせていた。

さて今回特に目を引いたのは、西館1階で開設していた東京都江東区のブースで、江東区が区内で革新的に事業展開の道を切り開いてる企業を江東ブランドとして認定し、企業と江東区が一丸となって江東区の産業の素晴らしさ、力強さを広め、ともにイメージアップを図っている。
認定された企業には区から「江東ブランド」認定のロゴマークの使用が認められるほか、区がギフトショーなどの展示会や見本市などに、製品や技術をPRできる場を設けてくれるなどのメリットがあるようで、その取り組み内容については、いずれ機会を設けて区の担当職員さんから詳しいお話をお聞きしたいと思う。
author:辻ひとし, category:視察, 22:25
-, -
安定した電気供給のために
午後、丸岡町小黒にある北陸電力福井総合制御所を視察し、発電所から家庭・工場などへ送られる電気の流れや総合制御所の役割などについてレクチャーを受ける。
ここでは送電線や変電所などの設備や電気の流れを24時間体制で監視・制御している。電気の安定的な供給を行う上で欠かせない重要な施設であり、それが坂井市内にあるとは今日まで知らなかった。電気のある生活が当たり前に思いがちだが、私たちの生活に欠かせない電気を確実に届けるために日夜頑張っている人たちに敬意を表したいと思う。
author:辻ひとし, category:視察, 21:30
-, -
三國湊町屋PROJECT視察
詰所三國(1階内部).gif大木道具店内部(2階).gif

午前中、総務教育常任委員会のメンバーで三國湊町屋PROJECTによって整備された施設および、これから整備しようとしている施設を視察する。

三國湊町屋PROJECTは、三国町にある町家などの空き家を保存・改修し活用する町づくりプロジェクトで、空き家を店舗などに再生し、にぎわいをつくることで、三國湊の文化や三國湊そのものを未来へとつなげていくことを目的としている。
今日は旧田中薬局を改修してこのほどオープンしたゲストハウス「詰所三國」や全国公募して新規創業者を誘致する旧大木道具店などを視察した。伝統的民家の有効活用を図ることで、町中の空き家を解消するとともに、それを新たな観光資源として発信していきたいと思う。
author:辻ひとし, category:視察, 21:02
-, -
三里浜緩衝緑地
芝生広場.gif東屋.gif

何事も自分で見聞しないと分からない。現場第一主義が大事ということで、先日イノシシやハクビシンの出没が問題になっているテクノポート福井のグリーンベルト(三里浜緩衝緑地)の内部を視察する。トイレや東屋が整備されているところは草木もきれいに剪定されているようだが、その奥は雑木林になっていて人が入って行けそうにない感じだ。

いのしし注意の看板.gif

​上のような立て看板も設置されており、本物には遭遇することはなかったものの、ばったりと出会うような雰囲気はあった。とにかく広大な敷地なので手入れは容易でないのはわかるが、今後利活用法も含めて対策を協議していく必要性を痛感した。
author:辻ひとし, category:視察, 20:59
-, -