RSS | ATOM | SEARCH
福井県都市対抗駅伝

表彰式後に監督・選手で記念撮影

午前中、第59回福井県都市対抗駅伝競走大会が行われている鯖江市へ。坂井市代表チームとして出場している選手の皆さんのアシストをさせていただいた。
合併して坂井市となってからは昨年に続き2回目の出場だが、各選手とも1区から6区まで粘り強い走りを見せ、大和監督が今大会の目標としていた3位以内入賞を果たすことができた。選手・役員の皆さん、悪天候の中お疲れ様でした。

author:辻ひとし, category:マラソン, 20:27
-, -
福井県都市対抗駅伝

ゴールするアンカーの下川義博選手閉会式後の記念撮影

昼すぎ、福井県都市対抗駅伝競走大会に出場した坂井市チーム激励のため鯖江市東公園陸上競技場へ。レースは小雨まじりの好コンディションのなか行われ、1区を走った利根薫君(福井大・三国町)が区間新となるタイムで力走したほか、チームとしても初出場ながら4位入賞を果たした。
来年は女子チームも結成し、ペアでの優勝を目指したいと思う。選手の皆さん、そして短期間でチームをまとめた大和監督、森岡コーチ、本当にお疲れ様でした。

author:辻ひとし, category:マラソン, 20:43
-, -
リレーマラソンin芝政

コース上を力走するランナーゴール地点にて

午前7時半に三国の芝政へ。FBCリレーマラソンに出場する平成かたつむり会のランナーのアシストをさせていただいた。大会には職場や友人のチームを中心に県内外から531チーム(約3500人)が参加した。
夏空の下、ランナーはそれぞれのペースで走っていた感じだが、7名で編成された平成かたつむり会チームは268チーム中42位と健闘した。選手の皆さん、お疲れ様でした。

author:辻ひとし, category:マラソン, 22:31
-, -
第35回福井マラソン

フィニッシュ会場の福井運動公園完走後に記念撮影を行う平成かたつむり会のメンバー

午前中、福井マラソンのフィニッシュ会場になっている福井運動公園へ。平成かたつむり会のメンバーのゴールを待つ。今日はメンバー全員が制限時間内に完走し、ゴールしたどの顔も喜びに満ちていた。
県外に転勤になって以来久しぶりに会う仲間もいて、時間の経つのを忘れてマラソン談議に花を咲かせていた。

author:辻ひとし, category:マラソン, 23:04
-, -
古城マラソン

開会式でスピーチを行う中山竹通さんハーフの部スタート風景

午前7時45分から丸岡城公園ふれあい広場で行われた第7回坂井市古城マラソンの開会式に来賓として出席する。

今回はゲストランナーとして、1980年代に日本のマラソン界をリードした元オリンピック選手の中山竹通さんを招待している。
東京に住んでした頃、陸上の日本選手権が行われた国立競技場で何度か中山竹通選手をお見かけしたが、今日も往時と変わらぬスリムな体型だった。ただ、相変わらずスピーチは苦手なご様子だった。

古城マラソンは旧丸岡町時代から通算すれば30回以上開催されている大会で、私も以前は毎回エントリーさせていただいていたが、最近は選手の応援に回っている。
今日も開会式終了後、平成かたつむり会の森岡会長とともに沿道に出て、力走するかたつむり会のメンバーや知り合いの方に声を掛けさせていただいた。
選手・スタッフ・応援の皆さん、暑い中お疲れ様でした。

author:辻ひとし, category:マラソン, 22:49
-, -
ナイター陸上

競技場で力走する選手

夕方、1の部ふれあい夕涼み会におじゃまして地元の皆さんと親しくお話をさせていただく。生ビールを我慢して午後5時すぎに三国運動公園陸上競技場へ。今回が最後の開催となる三国ナイター陸上の競技審判を行う。

心配された雨も競技開始時間に合わせたように回復し、気温21℃・微風という絶好のコンディションのもとで競技を行うことができ、成功裡に大会の幕を閉じることができた。
ナイター陸上は今回をもって終了するが、今後も何らかの行事や大会を通じて陸上競技のお手伝いをさせていただきたいと思う。

author:辻ひとし, category:マラソン, 22:13
-, -
能美市耐寒駅伝

一斉にスタートする第1走者の選手

午前中、石川県能美市で開催された駅伝大会に出場する平成かたつむり会チームの応援のため現地入りする。先日の大雪がウソのような晴天で絶好のマラソン日和だった。
今年で35回目を迎える能美駅伝だが、春のシーズン明けを前にした強化試合であるのと同時に、冬場の室内トレーニングの仕上がり具合を確かめることができる大会だ。今日も県内外のマラソン愛好会のほか、地元の高校・大学・実業団チームも参加していた。

我がかたつむり会チームもこの大会には10年以上連続して参加している。かつては地元チームと激しい優勝争いを演じたこともあったが、近年は選手の高齢化や冬場の練習不足のため順位は低迷している。

いずれにしても、選手にとって冬場のオフシーズンに大会を開催してくれることは大変ありがたい。石川県には1月の元日駅伝(金沢市)や美川駅伝(白山市)など、地区の陸上競技協会が冬場に自主運営している大会が多い。
福井にも同様の大会があればありがたいが、経費の問題はもちろん地元のあらゆる団体を巻き込んで行わなくてはならない駅伝大会は簡単に開催できるものではない。

author:辻ひとし, category:マラソン, 22:15
-, -
関節炎

数日前から右ひざが痛みバンテリン液を塗っても治らないため、町内の整形外科医を訪ねる。診断によると、俗にいう「膝に水が溜まっている」とのことで、取りあえず「水抜き」をしてもらった。

痛みが完全に消えるまで(消えてもしばらくは)マラソン厳禁とのこと。走ろうと思っても外は雨雪だし、まぁいいか。

author:辻ひとし, category:マラソン, 20:47
-, -